入院後の脚の強さを回復する方法

入院後の脚の強さを回復する方法
入院後に脚の強さを回復する方法

病院での長期滞在は、しばしば痩せた筋肉量の約1%を失うため、脚の弱さを引き起こします毎日あなたはベッドにいます。筋肉量の減少と衰弱は、捻挫や骨折のリスクを増加させます。

その日のビデオ

あなたの足が立ったり歩いたりするように弱くなったら、あなたのヘルスケア専門家に相談して、足を伸ばすパーソナライズプログラムをご確認ください。レギュラーレッグ強化のエクササイズでは、すぐに体力を回復することができます。

<! - 1 - >

遅くなる。入院後に足を鍛えながら経験する初期の利益の多くは、神経筋であり、筋肉や脳はコミュニケーションの仕方を再認識しています。

続きを読む: 寝たきりの後に脚を強化する脚式

運動範囲の練習

起立しようとする前に、強度に応じて座位または寝姿勢で運動範囲練習を開始する。ストレッチを感じるまで、膝を胸に引っ張り始める。あなたの胃に戻って、できるだけ高いところで脚を後ろに上げてください。次に、ひざをまっすぐに曲げ、できるだけ膝を曲げることによって、膝の周りの筋肉を伸ばします。

<! - 2 - >

あなたの足指を指し、あなたのつま先を頭の方に引っ張り、足首の動きだけを使ってアルファベットを書くことによって、あなたの足首の運動練習の範囲を実行します。

立ち運動

座った姿勢から、歩行者、杖や​​松葉杖などの他の人や歩行補助器具の助けを借りて起き上がるように練習します。脚の強さを上げながら、立っている時間の長さを徐々に増やし、疲れを感じることなくできるだけ早く歩いてください。常に友人やセラピストが車椅子であなたに従ってもらうようにしてください。必要に応じて座る場所があります。

<! - 3 - >

自転車を歩いたり、練習をしたりするときに、補助的な歩行装置への依存度を徐々に軽くしたり、

強さの向上

脚の筋肉を強化しながら、一方の脚に立って、脚の先端を前に、前に、後ろに、もう一方の脚を横切って横に伸ばしながらもう片方の足のバランス。 15〜20度以上膝を曲げない浅い膝の屈曲を行います。

抵抗バンドによって提供されているような足の強化練習に軽い抵抗を加えます。ウェイトマシン上でウェイトの形で抵抗をゆっくり加えることによって、足が強くなるにつれて使用する抵抗を増やします。

あなたの足があなたの体重を支えなくなった場合に座る場所を確保するために、脚を強化する練習を行うときは、常に椅子を背負ってください。

続きを読む: あなたの足を働かせることの重要性