はグルテンの食べ物に刺激された胃炎ですか?

はグルテンの食べ物に刺激された胃炎ですか?
は、グルテンの食物によって刺激される胃炎であるか?

グルテンの副作用を引き起こす根本的な症状がない限り、グルテンを含む食品は胃炎を刺激しません。あなたが胃の症状を発症する小麦を含む食品を食べるたびに、医師に診察を依頼する必要があることに気づいたら、下痢や嘔吐を予防し、脱水を防ぐためには、胃炎と診断された場合には、軽いダイエットを食べ、摂取量を増やす必要があります。

<! - 1 - >

今日のビデオ

胃炎

胃炎は、腸の炎症に使用される一般的な用語です。この医学用語は、通常、胃の不調を記述するためにも使用されます。あなたの胃や腸の内面の炎症は、細菌やウイルスの結果である可能性が最も高いですが、傷害、外科手術または炎症性腸疾患の結果でもあります。胃炎の一般的な原因は食中毒と胃炎です。特定の食品は、酪農製品、アルコール、カフェインなどの胃炎を悪化させます。グルテンは健康な成人の腸への刺激を引き起こす一般的な食品成分ではありません。グルテンは、小麦、ほんのりとライ麦のタンパク質です。

<!小麦にはアレルギー反応を引き起こす5つのタンパク質が含まれています。グルテンは、小麦や他の穀類のタンパク質の1つです。あなたが小麦やグルテンにアレルギーがある場合は、タンパク質を摂取した後、あなたの消化器系にさらに刺激を与えます。グルテンアレルギーは、タンパク質に対する免疫系の過敏症の結果である。あなたがタンパク質を食べた後、あなたの体はウイルスや有害な細菌と同じように反応します。免疫グロブリンE抗体、ヒスタミンおよび他の化学物質がタンパク質を攻撃するために作られる。この化学反応は、消化器系において炎症を引き起こす。

<!グルテン不耐性、またはセリアック病は、まだ完全に理解されていない一般的な消化状態である。あなたがグルテン不耐性の場合、グルテンを食べた後に小腸の内面が損傷を受けます。医療関係者はなぜこのようなことが起こるのかよくわかりませんが、重大な合併症を引き起こす可能性のある長期的な障害を引き起こす可能性があります。グルテンを食べると、胃炎の原因となり、腸内の他の細菌やウイルス感染によって引き起こされる他の症状を悪化させることがあります。

考察

グルテンを含む食品を食べると胃炎の症状を引き起こすことに気がついた場合は、医師の診察を受けるまで、これらの食べ物の摂取をやめてください。グルテンを避けてアレルギー性であってもグルテン不耐性であれ、アナフィラキシーショックや栄養失調などの重大な合併症を防ぐことができます。