相撲にはどんな機器が必要ですか?

相撲にはどんな機器が必要ですか?
相撲にはどんな機器が必要ですか?

相撲は古代日本人紀元前250年に遡ると信じられていたフルコンタクトスポーツ日本ではプロレスが相変わらず1684年に始まり、その後も人気が高まっています。相撲のレスラーは、外国人にはたいてい太っていると見なされますが、実際には日本で尊敬されているよくトレーニングされたアスリートです。相撲の対象は、相手をリングの外に押し出すことです。そのシンプルな性質のため、相撲に使用される設備はほとんどありません。

<! - 1 - >

今日のビデオ

道場 - レスリング場

競争の輪は童貞と呼ばれています。伝統的には稲わらの俵から作られており、直径は4.5メートル(約15フィート)です。この円は、6.7メートル、34〜60センチメートル(約13〜24インチ)の粘土で作られた正方形のプラットフォームに取り付けられています。日本では、各トーナメントの前に新しい道頓堀を建設するのが通例です。

<! - 2 - >

まるし相撲服装

相撲服装は色とりどりの色々なデザインがあります。いくつかのマワシはまっすぐな長さの生地で、包まれていないときは約9メートル〜約30フィートの長さです。他の人たちは、長めの装飾タッセルを前面からぶら下げている。相撲では相手をつかまえてバランスを取るかスイングすることが許されているので、Mawashisは単なる衣服以上のものです。このような理由から、いくつかの相撲選手は特定の方法でマワシを着用しています。

<! - 3 - >

きれいな砂とブラシ

伝統的な相撲では、砂がリングの外側の周りに広がっています。砂は、レスラーがリングの外に出たかどうかを裁判官が判断できるので、ユニークな目的を果たします。砂はこの目的のために使用されているので、各試合の前にきれいに掃除しなければならないので、レスラーが逸脱したかどうかを見ることは常に明らかである。

レスリング・マット

レスリング・マットは、相撲に必要なオプションの機器です。プロのスモートーナメントでは使われていませんが、怪我を防ぐためにドゥヨの上に置くことができます。相撲の練習にも便利です。

ノベルティ用品

本物のドゥーヨーを販売する店はないので、自分の相撲用の道具を手に入れるには、原料から道頓堀を造る必要があります。しかし、独自の道頓場を造りたくない場合は、非規制ドゥヨス、スモットスーツ、さらにはスモワッグを含む新型スモ競技用品を販売している店があります。